全快内祝いの特徴とは

全快内祝いとは病気やケガが完治したときに、お見舞いなどをしていただいた人に贈り物をすることです。完治したことの報告とお見舞いのお礼を兼ねて品物を送ります。このとき、全快内祝いと快気祝いは異なりますので注意してください。全快内祝いは、あくまでも完治した場合に限ります。これに対し快気祝いは、完治していない場合も含まれるのが特徴です。一般的に病気やケガで入院していた人が退院をした際に、お見舞いに来てくれた人にお礼を送ります。完治に至らず退院後に通院をしたり、自宅で療養をしたりする場合には快気祝いとするのがポイントです。

ただし全快することを祈願して、あえて完治していない場合でも全快内祝いとするケースもあります。

全快内祝いのポイント

全快内祝いを送る場合には、退院後1週間以内~1か月以内に行いましょう。退院の報告を兼ねているので遅くなりすぎないようにすることが大切です。返礼の品物は「病気やケガが後に残らない」という意味を込めて消え物を選びます。消え物には、お菓子や洗剤などの日用品が人気です。品物の金額はいただいたお見舞いの半額程度が目安になります。全快内祝いには水引を使用しますが、その際にはほどけにくく縁起が良い結びきりの水引を選ぶのがポイントです。のし紙の表書きには「全快内祝い」と記します。おすすめの品物としては日持ちのするお菓子が良く選ばれていますが、甘いものが苦手ではないか事前に確認しましょう。

調味料のセットなども使い勝手が良いので人気を集めています。